F1 Bar

ロニー・ピーターソン - 悲運のサイドウェイ・ロニー

Ronnie Peterson ロニー・ピーターソン

Ronnie Peterson ロニー・ピーターソン

1944年2月14日、スウェーデン・オレボロ生まれ。1978年9月11日、イタリア・グランプリ(モンツァ)で事故死。

  • F1デビュー: 1970年モナコ・グランプリ
  • 出走: 123回
  • 優勝: 10回
  • ポール・ポジション: 14回
ロニー・ピーターソン 最期の年

もし人の人生に運、不運があるとすれば、ロニー・ピーターソンのF1人生はおそらく後者に含まれるでしょう。

卓越したドライビング・センスを持ち、マシンを豪快に振り回す彼のサイドウェイ(横滑り)・スタイルは、多くのファンを魅了しました。

いつチャンピオンになってもおかしくない才能を持っていた彼は、しかし、とうとう流れを掴むことが出来ないまま、この世を去ってしまいます。

1960年代の半ば、カート・レースに参戦していたピーターソンのニック・ネームは「スーパー・スウェード」。華麗なマシン・コントロールを見せる彼は、早くも注目を集める存在となっていました。

彼の乗るカートと同じテクノ社のF3マシンで、激戦のクラスに挑戦し、伝統のモナコで優勝したのが1969年。
その一年後のモナコ・グランプリで、マーチからF1デビューを果たします。

翌1971年は、優勝こそなかったものの、2位を4回、3位を1回と好成績で、ランキング2位の大健闘を見せます。
が、’72年はマーチの戦闘力が低く、12ポイントを獲得するのがやっとでした。

このマーチ時代、派手なサイドウェイでコーナーを駆け抜けていく彼の写真が、新聞や雑誌のページを飾りました。

1973年、ピーターソンは名門ロータスに移籍。
ロータス72を駆った彼は、フランス・グランプリで初優勝。
この年、チーム・メイトのエマーソン・フィッティパルディを上回るシーズン4勝を挙げますが、老練なジャッキー・スチュワートと着実にポイントを重ねたフィッティパルディに次ぐランキング3位に終わりました。

モナコで"サイドウェイ"を見せるピーターソン

1974年、フィッティパルディはマクラーレンに去り、ピーターソンがチームのナンバー・ワンへと昇格。

しかし、’74年と’75年はロータスのマシンの出来が悪く、また、どんなマシンでも生まれ持った感性で乗りこなしてしまうピーターソンのドライビング は、テスト・ドライバーとしては、まったく不向きだったこともあり、ロータスでの3年間は期待はずれに終わります。

1976年、古巣マーチに戻り、イタリアで1勝を挙げますが、翌1977年にはティレルに移籍し、斬新な6輪車をドライブ。が、ここでも結果は出ませんでした。
一方この1977年、古巣ロータスは初のグランド・エフェクト・カーを投入し、5度の優勝を飾っていました。

1978年、その古巣ロータスに移籍。
ついにピーターソンは最速マシンを手に入れます。

’78年 ようやく勝てるマシンを手に入れたピーターソン

ところが、この年のロータス・チームは、マリオ・アンドレッティをナンバー・ワンとして戦うことを明確にしており、ピーターソンはあきらかにアンドレッ ティより速かったにもかかわらず、アンドレッティに不運があった場合以外、優勝することが出来ない状況でシーズンを戦っていました。

そして、ピーターソンの、彼に付きまとうこれまでの逆境との戦いは、さらなる不運な結末で幕を閉じることとなります。

アンドレッティのトラブル待ちとはいえ、チャンピオンの可能性を残して迎えたイタリア・グランプリ。
予選をマシン・トラブルのため5位で終えたピーターソンは、スタート直後に前方で起こった多重クラッシュに巻き込まれ、スピンしながらバリアに激突、跳ね返ってコースに戻り、マシンが炎上。

両足を骨折し、自力で脱出できなかったピーターソンは、駆けつけた他のドライバーに助け出され、治療のため担架に乗せられて救急室へ向いました。
その時の彼は、心配する関係者やファンに対し、手を振って自分の無事をアピールしていました。

不運な天才ドライバー、ロニー・ピーターソンは’78年イタリア・グランプリで事故死

ところが翌日、ピーターソンは亡くなりました。

死因は事故の衝撃でもなく、火災によるものでもなく、医師の治療ミスによるものでした。

パン職人の子として生まれ、苦労してレース活動を始めたピーターソンは、F1に上ってからも運に恵まれず、抜群の才能を持ちながら、なかなか結果を残せずにいました。

この1978年は、ようやく戦闘力のあるマシンにたどり着きながら、チームの方針により、戦うことを許されず、最後は不運な事故に遭いました。

それも、あきらかなもらい事故に遭い、その上、死ななくてよかったものを、病院の医療ミスによって命を落としてしまったのです。
どれほど無念だったことでしょう...。

このエントリーをはてなブックマークに追加