F1 Bar

思い出のグランプリ

思い出に残るレースというのは、時が経つほどに輝きを増すように感じます。
モータースポーツが今日ほど安全で親しみやすい競技ではなかった時代、文字通り死闘を繰り広げるレーシング・ドライバーたちの姿に心を動かされました。

'76年、F1の存在を初めて知った雨の日本グランプリ。
幸運にもアイルトン・セナが初タイトルを決める瞬間を目の前で見られた'88年日本グランプリ・・・。

以下は心に焼き付いている30数年分の思い出です。

'81 スペイン・グランプリ

'81 スペイン・グランプリ - ビルヌーブが大激戦の終盤を耐え抜き連勝

優勝したジル・ビルヌーブ(フェラーリ)から5位でゴールしたエリオ・デ・アンジェリス(ロータス)までの差が、なんと1.24秒!
まれに見る大接戦となった...

'82 USウエスト・グランプリ

'82 USウエスト・グランプリ - ラウダ復活 予告通りの優勝

1979年カナダ・グランプリ、金曜日のフリー走行終了後、「レースだけが人生じゃない」と、突然引退したニキ・ラウダ(マクラーレン)が、マルボロとマクラーレンのロン・デニスの...

'83 イギリス・グランプリ

'83 イギリス・グランプリ - ホンダ 15年ぶりにF1復帰 黄金の第2期がスタート

1965年から68年までの4シーズン、ホンダはF1の檜舞台で活躍しました。
それから15年、日本から遠く離れてしまっていたグランプリの世界へホンダが...

'84 ポルトガル・グランプリ

'84 ポルトガル・グランプリ - プロストの転機 若武者からプロフェッサーへ

このレースは、それまで持ち前のスピードで勝負してきたアラン・プロスト(マクラーレン)が、速さはなくとも巧妙にレースをまとめるニキ・ラウダ(マクラーレン)に、シーズンの...

'85 ポルトガル・グランプリ

'85 ポルトガル・グランプリ - アイルトン・セナ F1初ポール&初優勝

予選で自身初となるポール・ポジションを獲得したアイルトン・セナ(ロータス・ルノー)が、大雨となった決勝でも一度もトップを譲ることなく初優勝を飾りました...

'85 ヨーロッパ・グランプリ

'85 ヨーロッパ・グランプリ - プロストの初タイトルとマンセルの初優勝

ふたりの男の長年の夢が実現したレースでした。
共にF1デビューから6シーズン目。アラン・プロストにとっては、81年以降、毎年のように、チャンピオン争いに加わりながら...

'86 オーストラリア・グランプリ

'86 オーストラリア・グランプリ - プロスト奇跡の大逆転で2年連続チャンピオン

1986年シーズンの最終戦、オーストラリア・グランプリには、ナイジェル・マンセル(ウィリアムズ・ホンダ)、ネルソン・ピケ(ウィリアムズ・ホンダ)、アラン・プロスト...

'87 イギリス・グランプリ

'87 イギリス・グランプリ - ピケ&マンセルのドッグ・ファイトとホンダのワン・ツー・スリー・フォー

これぞグランプリこれぞレース。と言えるような名勝負をネルソン・ピケとナイジェル・マンセルが演じてくれました。ふたりは最速マシン...

'88 日本・グランプリ

'88 日本・グランプリ - セナ感涙の初タイトル

1988年シーズン、ここまでの14レースをセナ7勝、プロスト6勝で迎えた鈴鹿。
有効ポイントシステム上、優勝以外ポイントが加算されないアラン・プロストに対し...

'89 日本・グランプリ

'89 日本・グランプリ - セナ・プロスト 激闘のシーズンの果てに...

1989年のシーズンは、なんとも後味の悪いシーズンでした。
対立するふたりのワールドチャンピオン争いは、サーキット内に留まらず...

'91 ブラジル・グランプリ

'91 ブラジル・グランプリ - セナ悲願の母国初優勝

ウィニング・ラップを走り切る体力すらなく、コース上にストップしたマシンのコクピットから、ピットへの無線に向って泣き叫び続けるアイルトン・セナ(マ クラーレン)の姿に...

'93 ポルトガル・グランプリ

'93 ポルトガル・グランプリ - シューマッハ&ハッキネン時代の到来

まさに、時代がセナ、プロストから、シューマッハ、ハッキネンへと移り変わってゆくことを明確に告げるようなレースでした。
これまで、最も速いのはセナ。一番巧い...

'94 サンマリノ・グランプリ

'94 サンマリノ・グランプリ - 天才ドライバー 天に召される

モーターレーシングに人生のすべてを捧げていたアイルトン・セナが死にました。
右の写真は’94年サンマリノ・グランプリが行われたイモラサーキットの...

'05 日本・グランプリ

'05 日本・グランプリ - ライコネンとアロンソの競演 史上に残るレース

近年まれに見る好レース、いや、F1史上に残る好レースだったと思います。
鈴鹿は、近年デザインされたサーキットとは性質の違う、ダイナミックな...

このエントリーをはてなブックマークに追加